便利サイト紹介コーナー4

周囲に知られず行う豊胸術

豊胸術により、一度でかなりサイズアップするという事はできるみたいですが、そうすると見た目の変化もどうしても大きくなります。ですので、豊胸術を受けるのであれば、周囲に知られないで受けたいと考える人もいる様です。

自分がきれいになりたいという一方で、また周囲の人に整形したという事を批判されたくないという人もいるみたいです。豊胸術を行う胸は普段は服で分かりませんので、少し程度のサイズアップであれば、知られないで豊胸術を受けるという事もできるかと思います。

ダウンタイムで傷があっても、隠す事ができるでしょう。そして、周囲の人に知られないで、こっそりと豊胸術できれいになるのもいいですね。

脂肪注入法での豊胸手術がおすすめです

豊胸手術はとても多くの施術方法が開発されていますが、脂肪注入法が一番おすすめの美容整形手術です。この施術方法は、自分の余った脂肪を採取し、胸に直接注入する方法で、メスを使用せずに細い注射器を使い注入するので、傷跡がとても小さくほとんどわかりません。

自分の体内にあった脂肪を使用するため、安定率も良く、シリコンなどの人工物と違って拒絶反応が起きる心配もありません。脂肪なので、肌触りがとても良くて素人の方に触られたとしても、自然な胸と勘違いするくらいです。痛みや腫れもほとんどないので、ダウンタイムがとても短く、脂肪吸引をしているので、部分痩せにもとても効果が高いです。

脂肪注入法がおすすめの豊胸手術法です

脂肪注入法での豊胸手術がとてもおすすめです。この施術方法では、自分のウエスト周りや背中、太ももなどの余った脂肪を採取し、胸に注入する方法で、メスを使用せずに行う事が出来る美容整形手術なので、ダウンタイム期間はわりと短く、普段の生活にすぐに戻れます。

また、自分の脂肪を使うことで、アレルギー症状を引き起こすことも少ないですし、安定率がとても良いです。脂肪を吸引しているので、部分痩せにもとても効果が高く、瘦身な体を手に入れることが出来る美容整形手術となっているので、豊胸手術なら脂肪注入法がおすすめです。

脂肪注入による豊胸手術について

美容整形の一つに、豊胸があります。豊胸手術には、シリコンバッグ挿入、脂肪注入、ヒアルロン酸注入、PPジェル注入の4種類があります。中でも「脂肪注入」は、自身の脂肪を吸引し、胸部に注入する為、不自然な硬さがありません。

感触や動きにも違和感が少なく、レントゲンにも写りません。また、脂肪を吸引した部分の痩身効果も期待できます。デメリットとしては、シリコンバック程のサイズアップができないこと、注入した脂肪が硬くなり、しこりができる場合があることなどが挙げられます。また、術後は痛みや腫れや内出血があります。自身の脂肪を使う為、痩せ型の人は手術ができない可能性があります。

豊胸術関連

豊胸手術や脂肪吸引などの美容整形をお考えなら、まずは大阪、東京の美容外科から探そう。

豊胸手術や脂肪吸引などの美容整形の情報は不確かな部分があります。その他の問い合わせはこちら