便利サイト紹介コーナー4

脂肪吸引の傷跡は残るか

美容外科で脂肪吸引を受ける時「傷跡が残るのではないか」と心配な方はたくさんいると思います。 医療の進歩でこの10年間で美容外科の脂肪吸引はとっても進化しました。

吸引する為に使うストローのような「カニューレ」はとても優秀で傷跡が殆ど残りません。またどの医師も目立たない場所から合理的に取る方法を高度な技術と心がけています。(例えば太ももと臀部の境の皺の陰にカニューレを施すなど) 術後、美容外科から伝えられた注意点を守っていれば1か月くらいからは早いスピードで周りの皮膚に馴染んでいく事でしょう。もちろん、ビキニも着られるようになります。

最新で最高の脂肪吸引vaser

美容外科で受けられる脂肪吸引の施術でvaserという機器があります。これは脂肪吸引で主に用いられる最新の機器であり、特殊な超音波のベイザー波を照射し、脂肪細胞だけに働きかけられるようになっているので皮下脂肪層の細胞を分解しながら、脂肪をやわらかくできます。

そのため効率的により多く吸引することが可能になっています。ベイザー波は血管などの組織には影響しないため出血や腫れ痛みを最小限で抑えることができます。これにより日常生活への復帰が早くなりダウンタイムが短くなります。また、短時間で施術が終わることや皮下脂肪全体の90パーセントまでを吸引できるという特徴があります。

脂肪吸引におけるvaserの効果

美容外科の痩身コースの脂肪吸引において、近年ではvaserを用いた吸引方法が注目されています。特殊な超音波を患部の脂肪に浴びせる事により、脂肪を液状化させて吸引させやすくする施術法です。

従来と異なり、神経や血管を避けて脂肪のみを対象に出来る為、とても安全な施術です。血管を極力傷つけない事により、術後の痛みや麻痺を案じる必要もありません。見た目の仕上がりにも定評があります。このように、脂肪吸引に出来がちな凹凸部分の発生を防げて痛みの少ないこの方法は、比較的高額でありながらその効果の高さからニーズが高まっています。

引き締め効果で美しい体型になれるvaserの脂肪吸引

vaserは、脂肪吸引法のひとつです。特殊な超音波で脂肪を柔らかくするだけでなく、引き締め効果があるのが特徴です。また、血管や神経を避け、皮下脂肪を効率的に溶かすことができるため、出血やダウンタイムを抑えられます。

美容外科によって、vaserを導入しているところとそうでないところがあるので、よく確認しましょう。脂肪吸引最大のメリットは、気になる部分をすぐにほっそりとさせることができるところです。ダイエットを続けているのになかなか効果があらわれない、腕や太ももなどの脂肪をすっきりさせたいという人におすすめの施術です。

脂肪吸引関連

豊胸手術や脂肪吸引などの美容整形をお考えなら、まずは大阪、東京の美容外科から探そう。

豊胸手術や脂肪吸引などの美容整形の情報は不確かな部分があります。その他の問い合わせはこちら